副業

副業3つのデメリットと一緒にメリットについても考えてみた件。

美容師兼アフィリエイター
中田☆カズナリです^_^

このブログに来られたということは、今の本業では満足していない…何か新しいことを始めたい…と思っている方ではないでしょうか?

そういう方は、副業に興味を持っている方が多いです。

ですが、今まで副業をしたことがない方は、副業とはどういうものか?そもそもどんなメリット、デメリットがあるのかなど気になる方は必見です。

そこで今回は、副業を始める前に知っておくべき、3つのデメリットと合わせてメリットを解説していきます。

それではレッツスタート☆彡

副業とはそもそも何?興味を持つ人が増えている⁈

副業とは、本業以外の仕事を本業と同時に掛け持ちしている状態のことです。

会社員など、本業の給与以外に発生する収入は全て副業扱いになります。

副業の例として、平日フルタイムで本業で働き、土日は別の会社で働くというパターンやフルタイムで働いた後に、別の会社で働くというというパターンなどがあります。

また、働き方改革により副業が解禁となり、勤めている会社から副業の許可を出す事も増えてきました。

ツナグ働き方研究所というところが、調査4/20日~24日に17~29歳の正社員、契約社員、公務員の男女499名(男性148名・女性351名)を対象にアンケート調査した結果↓

副業への興味
引用元↓
https://news.mynavi.jp/article/20190822-880668/

副業について考えを聞いたところ、68.1%が「副業をしている・興味がある」と回答。男女別では、「副業をしている・興味がある」という男性は62.2%で、そのうち22.3%が「すでに副業をしている」(12.8%)あるいは「準備を進めている」(9.5%)でした。

上記の理由から副業によって、本業の給与以外の収入が発生するので、副業に興味を持つ方、すでにしている方が多くなってきています。

副業の3つのデメリットとは?

副業を始めるにあたり、多くのメリットがありますが逆にデメリットもあるので、まず最初に把握しておきましょう。

会社が禁止している

副業に興味はあるが、自分が本業で働いている会社が副業禁止としていることもまだまだ多くあります。

仮に、副業禁止の会社で勤めていながら副業をしてバレてしまうと、何らかの処分が下ることが考えられるので注意が必要です。

副業にも種類があり、中には収入までの期間を要する職種もあります。

そのような副業の場合は、始めてからすぐには収入が得られない事もあります。

税金の処理の時間が必要になる事もある

収入が増えるということは、当たり前ではありますがその分、所得税の負担が増えてくるということです。

年間で20万円以上の収入を得た場合は、確定申告をしなければなりません。

これを怠ってしまうと、課徴金など出費が増えてしまい、何のために副業をして収入を得たのかよく分からない…となってしまうので注意が必要です。

本業への体力面や精神面の支障が出る恐れも…

今の本業と別に副業をするということは、短時間な労働であったとしても、体力面や精神面にも支障が出る恐れもあるので、決して楽ではないことを理解しておきましょう。

夜のプライベートや休日などの時間が減るということです。

必ず意識しておいてほしいのは、本業に支障が出ない程度でする!というスタンスで働くことを忘れないでください。

副業で長時間労働などをして、過労で倒れてしまうという方もいらっしゃるので気を付けましょう。

副業のメリットはこの4つ!

副業は、限られた時間の中で確実で簡単に収入を得るというメリットがあります。

給与金額の設定が高い副業や、時間を十分に確保できる人は、本業に近い収入を得る事も可能でしょう。

知識などスキルアップができる

これから副業を始めようと考えている方は、本業に関連した副業をする方は、働きながら1つのジャンルに特化してスキルアップができて、しかも本業に生かすことも可能になります。

また、本業で得た知識を活かして、無駄を省き効率良く合理的に、副業をすることができます。

なので、副業選びは本業に関連した職種にした場合は、相乗効果が期待できるので、無難な選択となるでしょう。

好きな時に好きなだけ働ける

本業の場合は、基本的に朝の出社時間から勤務して退勤までの時間が、細かく決まっている方が多いと思います。

ですが副業の場合は、自分の都合に合わせて好きな時に好きなだけ働くことが可能になります。

本業に関連した職種は無難ですが、新しいことにチャレンジしてみたいという方も多いので、それはそれで知識や経験が積めるので、好奇心がある方はそういう選択もありだと思います。

本業とは別のジャンルの職種を副業ですることにより、自分の能力が開花したりすることもあり、気がつけば本業以上の収入を副業で上げてしまった!なんて方もいらっしゃいます。

働いた分だけ収入があり、リスクが少ないものもある

一言で副業といっても様々な種類の副業があります。

中には、コンビニ店員、ライター、アンケートモニターなど多くの副業があり、このような副業は時給制の職種のため、働いた分だけ収入を得ることができます。

上記のように、ローリスク・ローリターンでできる副業があれば、ハイリスク・ハイリターンな副業も存在します。

代表的なものであれば、株やFXなどの資産運用などが挙げられます。

上手くいけば大きな収入を得られますが、運用などにかかる元手や知識と経験が必要になるので、始める際には注意しましょう。

本業以外から収入がある

本業以外から収入があれば、好きなものを購入したり、貯蓄に回したりするとこともできます。

あとは、収入を増やすことでリスクヘッジができます。

収入が本業のみの場合、万が一収入が断たれてしまった場合、生活していくことができなくなる可能性もあります。

ですが、本業と別に副業で収入があれば、2つの収入源を確保できているので、どちらか収入が断たれた際にも、リスクヘッジになります。

副業はするべき?しないべき?

結論から言うと、僕の考えとしては本業を安全網として副業はするべきです。

しっかりとした収入を得て生きていくため、そして自分自身や周りの大切な方を守っていくために、収入は大事だと僕は思っています。

・日本は借金大国

・医療問題

・年金の減少

今後の未来を考えると、不安材料のほうが多く上げればきりがありませんが、副業で収入を増やすことは未来への備えになります。

勿論、お金が全てではありませんが、あるにこしたことはないでしょう。

お金で、自身のやりたいことの制限をしないために、副業はするべきでしょう。

まとめ

副業をする上でメリットとデメリットについてお伝えしましたがら、注意しなければならないこともいくつかあります。

まず会社員の方は、副業がOKなのかを確認した方が良いです。

また、副業を始めたことにより本業に体力面や精神面で支障が出てしまうことも気を付けることが重要です。

副業で、年間20万円以上の収入を得る方は、税金を支払う必要があります。

なので、いくら収入が得るといくらの税金を払うのかを考えて始めるのが良いでしょう。

副業には多くの種類がありますが、ローリスクやハイリスクなどありますが、僕が美容師をしながらローリスクでやっている副業が、アフィリエイトです。

アフィリエイトは、ローリスクでありながら継続という力があれば、初めから収入を得ることはできないですが、数ヶ月後には少ない労力で大きな収入を得ることも可能なビジネスです。

何をしようか迷っている方は一度アフィリエイトを色々と調べてみてみるのもおすすめです。

無料相談受付中

⇒無料相談受付中

中田☆カズナリにご相談いただければ、初心者の方に適したおすすめのビジネス情報や商品情報をお伝えしていきます。

中田☆カズナリ アフィリエイトの強化書メルマガ

中田☆カズナリが取り組んでいるブログアフィリエイトの構築するために必要な知識、おすすめアフィリエイトなどをいろいろと発信していこうと思います。

なお、ブログにはかけない裏情報はメルマガにて特別配信していこうと思います。

メルマガ登録は無料ですし、いつでも配信解除できますので、お気軽にご登録いただければ嬉しいです。

⇒中田☆カズナリ アフィリエイトの強化書メルマガ登録はこちら

不定期配信ですが、有益な情報を発信できるように努力いたします。

中田☆カズナリでした(^^)/

コメントを残す